WEBLOG

Monday, 2nd April 2018 - 1:16 | Posted in Information

2018年活動について

今シーズンの私のラリー活動について書き記しておきます。

2017年シーズンに続いて、2018年シーズンも全日本選手権での継続的なラリー活動は計画していません。

昨年は私の関知しないところで誤った情報が独り歩きしてメディアに掲載され、周囲の方々が混乱・迷惑を被ってしまいました。現在まで、そうした突発的な事態に対応できる状況にないため、ここに事前に告知させていただきました。

またいつか公式に発表できることがありましたら、この公式サイトから発信したいと思います。


No Comment | Trackback URL | Permanent URL
Friday, 20th January 2017 - 0:55 | Posted in 2017年JAF東日本ラリー選手権

New season, new life.

先週末は、東日本ラリー選手権の開幕戦『御岳 SNOW LAND RALLY 2017』に同僚の和氣選手のコ・ドライバーとしてインプレッサWRX STIで参戦。和氣選手のクレバーな走りのおかげで、準優勝を獲得することが出来ました。

長野県西部の木曽町、岐阜県との県境に位置する御嶽山が舞台となるこのラリーは、その名の通り雪で覆われた路面で争われるウィンターラリー。雪が少なく路面のアスファルトが顔を出していた昨年とは打って変わり、今年は大雪予報の中で大会当日を迎えました。

週末を通して降り続いた雪は十分すぎる量で、DAY2に設定された標高の高いステージを用いるSS2本がキャンセル。ラリーは全7SSで競われることに。

新雪を除雪してできた雪壁は柔らかくって、ひとたびコースを飛び出せば目の前はホワイトアウト。デリケートな雪壁を、和氣選手は時に大胆に使いながらも大きなもトラブルもなくフィニッシュを迎えることが出来ました。

IMG_4696

1位~3位の表彰。ここに写っている選手の半分以上+見きれている主催者も同年代。気付かないうちに歳をとったみたいです。Photo by 佐野くん。

なんて、そつなく参戦記を書いてみたけれど、よく見たら2年以上ぶりのブログ更新。長らく体調を崩していましたが、昨年末にようやく原因が判ってきました。2017年を今までにない飛躍の年にできるように、少しずつ取り組んでいきます。

IMG_0411

あまりに原因不明すぎて、住む場所変えたり、クルマを変えたり、、、でももう試行錯誤しなくていいハズ。

 


No Comment | Trackback URL | Permanent URL
Sunday, 10th August 2014 - 8:13 | Posted in 2014年JMRC関東 群馬ラリーシリーズ

コ・ドライバー前川富哉。

mae

昨晩は群馬ラリーシリーズの第4戦、MSCC東京サマーラリー2014が開催されました。

これまではTEAM CERAMの森選手のコ・ドライバーとして参戦していましたが、今回は諸々の事情が重なって出場を断念。代わりに後輩中の後輩、荒廃中の後輩、前川富哉選手がコ・ドライバーシートを務めました。

2012年に自身のミラージュを駆って群馬シリーズでラリーデビューを果たした前川選手。TEAM CERAMのサービスサポートを受けてスポット参戦を重ねる傍ら、最近はコ・ドライバーとして多方面で活躍中のご様子。群馬の星、松本優一選手共々まだ学生と言うことで、これからの活動がとっても楽しみです!

写真 2014-08-09 21 07 46

シリーズ第1戦のカーボン・オフセットラリーと同じフィールドで開催された今回ですが、雨と霧によって非常にタフなラリーとなったようです。マッドな路面、出走順によって変化する視界など、ラリーならではの不確定要素がクルーを苦しめています。

正式結果を知る前に帰途に就きましたが、果たしてその結果やいかに?!

写真 2014-08-10 0 18 32

1チームの関係車両としては、群を抜いて多いんじゃないかと思う(笑)

 

Saturday, 9th August 2014 - 18:11 | Posted in 2014 FIA Asia Rally Cup

海外ラリー、初挑戦。

コ・ドライバー小坂、久々に戻ってきました。

さて、既にK’s FACTORY様のWebサイトで発表されている内容になりますが、今年は「世界の伊豆野」ことK’s World Rally Teamの伊豆野康平選手のコ・ドライバーとしてFIA Asia Rally Cup(通称アジアカップ)に登録、参戦します!

アジアカップは、アジア・パシフィックラリー選手権を構成するラリーのうち、マレーシア、日本、中国およびタイのラウンドが対象となるシリーズ。その初戦となるMalaysian Rally 2014が来週末、8月15日(金)~17日(日)に迫っています。

環境変化の多い今年は、「出られるラリーだけ出る」が大前提。予定は予定ということで、全日本選手権もお休みしています。そんな中で絶妙にタイミングがマッチした今回、遂に自身初の海外でのラリーに臨むことになりました。2日後には日本を出発してシンガポールに渡り、陸路でラリーの行われるマレーシア南端のジョホールに入ります。

もちろんすんなりと「行ってきます!」という訳にはいかず、沢山の方々の多大なご理解(半分くらいは呆れ)のおかげで実現することができました。本当に、本当に、ありがとうございます! 全ての調整が済んで、ギリギリですがこうして海外ラリー参戦のお知らせが出来るなんて、年頭には想像もできないことでした。

気づけば、今回は20代後半最初のラリーになる様です。世界に飛び出び出した侍達と比べると時間がかかりましたが、自分なりの切り口でチャレンジしていきたいと思います。

まずはこの一戦、見守っていただければ幸いです。

 

追伸、

IMG_0805

買っておきました(滝汗)


小坂典嵩の個人Webサイト『NK RALLYING』、本日より気分を一新して再出発しました。それはそれ、これはこれ。引き続き、よろしくお願いします。

Thursday, 14th November 2013 - 8:10 | Posted in Rally

ラリー旅

 会う人会う人から「学生のうちしか行けないんだからっ!」とそそのかされて、遂に来ましたヨーロッパ。今回は川名選手に同行する形で現地のファクトリーの視察、そして週末の「Wales Rally GB」を観戦します。日程は丸一週間。空いた穴を埋めても足りないくらいにこの経験を糧にすると誓って、初のヨーロッパに臨みます。

さて、1日目は羽田からイギリス・ヒースロー空港へ到着。

到着するや否や、イギリスならではの「ヴォグゾール」バッヂのついたコルサに興奮。

モーターウェイの傍らでベーコンエッグに舌鼓を打ちつつ、まずは最初の目的地へ。

 「DALE AUTOSPORT」、プジョーUKのワークスチームだったファクトリーです。

コーディネーターさんからは、BRCを戦った「あの方」の逸話を聞けたりと、意外な一幕もありました。

DAY1の締めくくりはリフューエル。夜はやっぱり結構冷えます。

2日目は、週末までイギリス滞在と見せかけてさくっとドイツ・ケルンへ移動開始。ヒースローの朝日が眩しい。

左ハンドルなんて楽勝と見せかけて、ドライバーはドキドキの図。

グーグル先生が頑張ってルートを決めてくれましたが、もちろん細くてクネクネの方を選択です。

イギリスと同じような牧草地なのに、なんか雰囲気が違う。やっぱり空なんでしょうかね。

川が綺麗。

お約束の時間まで半日あったので、まずはニュルブルクへやってきました。

憧れのニュルブルク城。

塔の中はこんな感じ。

覗かずにはいられない。

もちろん、ニュルブルクリンクも見学。コース脇から開発車のテスト走行を眺めてみたり。

完全に観光客状態ですが、この後はケルンに戻って晩餐へ。明日はいよいよ今回の旅の一つ目の山場です。

 


No Comment | Trackback URL | Permanent URL
Sunday, 22nd September 2013 - 3:41 | Posted in Information

裏方のはなし

あまりに久々すぎて、自分のサイトなのに懐かしさすら感じています……NK RALLYING。

さて、TEAM CERAMのサイトでお知らせいたしましたが、個人としてマネージャーの名をいただいていた従来とは一転、今後は活動支援プロジェクト「NK RALLYING」としてお手伝いさせていただくことになりました。

ちょっと裏側をお話しすると、もともと「お手伝い屋」的な活動スタイルを取っていた舞台裏の実状に合わせて、わかりやすい体裁にしていただいた格好です。ここまで一年半越し! こう書くと長く感じるけれど、駆け足過ぎて一瞬でした(汗)

個人的にはこれまでと何が変わるというわけでもなく、拙い経験を買っていただいている皆様に感謝しながら、これからも奔走!修行!の日々です。安定して物事を進めるために、そろそろ別のことも考えないといけませんが……。雑多なことを請け負う代わりに、運営なり運転なり車なりの専門家の皆さんに力を発揮していただく、なかなか素敵な役割だと思っております。

あぁ……もっとラリーの話を書きたいなぁ。まとまりませんが、こんなところで。

そういえば、ラリー北海道は行きます。

そして、今日はこれから群馬へ。

Tagged
No Comment | Trackback URL | Permanent URL
Wednesday, 1st May 2013 - 4:47 | Posted in 2013年JMRC群馬ラリーシリーズ

カーボンオフセット・ラリーを終えて


TEAM CERAM Blogの記事にて、ラリーの結果をご報告させていただきました。有難うございました、申し訳ありません、そんな言葉ではなくて、きちんと結果でお返しできるように、これからも挑戦していきます。

ここ数戦、コ・ドライバーとしては厳しいリザルトが並んでいます。

課題は見えてきましたが、乗り越えられるか正念場。

経験で頭が固まるばかりの中、きちんと武器にしていかなければなりません。

「導けるコ・ドラ」への道は遠いです。

<写真:前川富哉>

Friday, 26th April 2013 - 18:55 | Posted in 2013年JMRC群馬ラリーシリーズ

取り急ぎ、今年からhans使います。

あれよあれよと言う間に、明日は群馬シリーズの開幕戦……。昨年から内輪で宣言していた、hansデバイスの導入を何とか間に合わせることが出来ました!

レーシングスーツも超カッコよくて、とにかく感謝するばかりです。

これより買い出しをしつつ沼田のEVOLiSTAへ移動。サービスカーへの積み込みを行い、迫りくる明日のラリーへ備えます。

皆様、今シーズンもお世話になりますm(__)m


No Comment | Trackback URL | Permanent URL
Saturday, 13th April 2013 - 14:39 | Posted in Motorsports

ハイパーミーティングにて

(撮影:ワンコさん

先週末は筑波サーキットで行われたハイパーミーティングに撮影部隊として行ってきました。

2003年に初めて参加して以来、ほぼ毎年参加しているイベントでしたが、今年は遂に関係者がサーキットを走行!

ラリーカーデモラン……ではなく走行会枠での出走でしたが、TEAM NENCの秘蔵っ子? サーキットチャレンジに参戦する久保田選手の走行を見届けました。

第1ヘアピンに張り付いていると、昔からイベント会場でよくお会いしているワンコさんに遭遇! NENCのマシンの撮影に訪れたことを伝えるや否や、快く撮影していただきました。ワンコさん、ありがとうございました! m(__)m


No Comment | Trackback URL | Permanent URL
Monday, 11th February 2013 - 15:38 | Posted in 2013年JAF東日本ラリー選手権, Information

これにて一旦参戦休止

先週は、ずっと手の届かない存在だったBICC Rally of Tsumagoiに参戦してきました。なんで手が届かなかったかって、毎年学校の定期試験に被っていたもので……。今年は3学期制な大学院のお陰か、観戦どころか参戦することが出来ました。

今回のドライバーは、昨年の終盤にモアラリーで組ませていただいた朝倉貴志選手。Car☆Xs Rally Teamからの出場です。マシンはCUSCOカラーのWRX STI。チームの皆様、今回も本当にお世話になりました! ラリーの戦況については番組(Car☆Xs)の放送を待つとして、個人的な感想としては、まだまだ己の「体力」と「知力」の鍛錬が足りない感じた次第です。もっと良いラリーを戦うために、日々の精進が欠かせません。

さて、今回のラリーをもって、小坂典嵩はラリー参戦を一旦休止いたします。沢山の方にご迷惑をおかけしますが、次なる夢……野望?のための基礎固め、就職活動に専念し、必ずやラリーに戻ってきます! とは言いつつも、内々定が有ろうと無かろうと、4月27日(土)~28日(日)に開催されるJMRC群馬ラリーシリーズ 第1戦 カーボンオフセットラリーより仮復帰予定です。

群馬シリーズ以外のラリー参戦がどうなるかは……Que Sera Sera!

parajumpers pas cher parajumpers pas cher parajumpers pas cher parajumpers pas cher parajumpers pas cher golden goose outlet golden goose outlet golden goose outlet golden goose outlet golden goose outlet sac goyard pas cher sac goyard pas cher sac goyard pas cher sac goyard pas cher sac goyard pas cher woolrich outlet woolrich outlet woolrich outlet woolrich outlet woolrich outlet